HOME > 刊行物 > 年報政治学

年報政治学

『年報政治学』2017年度第II号特集論文公募のお知らせ

2017年度第II号年報委員長 久米 郁男
査読委員会委員長 野田 昌吾

 2017年度第II号(2017年12月刊行予定)のテーマを「政治分析方法のフロンティア」としました。
 近年の政治学研究は、高度な計量分析やゲーム理論、自然実験、実験室実験やフィールド実験等新機軸の分析手法をレパートリーに加え大きく発展してきました。今回の特集では、このような新規の分析手法の新しさや方法的洗練に注目するのではなく、その方法によって開きうる新しい研究の地平を示すことを目指します。そこで、このような趣旨を踏まえた研究論文の投稿を募りたいと思います。多くの皆さんからの投稿をお待ちします。

 原稿の締め切りは2017年3月20日(消印有効)とします。投稿原稿は学会ホームページ(http://www.jpsa-web.org/)に掲載されている投稿規定に則り、メールおよび郵送にて、査読委員会宛にご送付ください。

『年報政治学』2017年度第I号特集論文公募のお知らせ

2017年度第I号年報委員長 古城 佳子
査読委員会委員長 野田 昌吾

 2017年度第I号(2017年6月刊行予定)の テーマは「世界経済の変動と政治秩序(仮題)」です。
 世界金融危機に顕著なように、経済のグローバル化の進展に伴う世界経済の変動は、国内政治及び国際政治の秩序に大きな影響を与えています。市場と政府(国家)の関係については、国際政治経済学や比較政治学において多くの研究がなされてきましたが、近年、改めて世界経済の変動が政治秩序にどのような変容をもたらすのかについての関心が高まっています。国際政治経済学、比較政治学にとどまらず、歴史、政治理論も含む多様な分野からの意欲的な投稿をお待ちしています。
 原稿の締切りは 2016年10月20日(消印有効) とします。投稿原稿は学会ホームページ(http://www.jpsa-web.org/)に掲載されている投稿規程に則り、メールおよび郵送にて、査読委員会宛にご送付下さい。

年報の電子アーカイヴ化と一般公開  (2009.12)

 株式会社 岩波書店を発行者とする本会学会誌『日本政治學會年報政治學』(1950年~1952年)および『年報政治学』(1953年~2004年)が,独立行政法人 科学技術振興機構(JST)が運用するJournal@rchiveに登載され,一般公開されました。ぜひ研究にご活用下さい。
 なお,この電子アーカイヴ化と一般公開については,株式会社 岩波書店の許可を得て行っております。また,著作権者の承諾を得られた論稿に関してのみの公開となっております。
 本件に関するお問い合わせは,学会事務局(jpsa-office●list.waseda.jp[メール送付の際に●を@に変えてご使用ください])までお願いいたします。

『年報政治学』論文投稿規程・『年報政治学』の著作権に関する規程・査読委員会規程について

 日本政治学会の機関誌『年報政治学』では、政治学諸分野のすぐれた研究論文を公募しています。投稿論文の掲載の可否は、査読委員会によって決定されます。年報各号の独立論文、特集論文の公募のお知らせは、日本政治学会会報(The JPSA News)に掲載されています。投稿申込書と論文原稿は、以下の規程にのっとり、メールおよび郵送にて下記の送付先にお送りください。特集論文に応募される場合はその旨を記してください。

 投稿される論文は未発表のものに限ります。なお、規程による分量を超過している論文、当該年度の会費を納入済みでない会員の論文、また「拙稿」の表現や謝辞等によって投稿者・関係者が特定されうる論文は、受理できない場合がありますので、投稿前に必ず論文投稿規程をご確認ください。会員各位からの積極的なご投稿をお待ちしております。

原稿送付先: 野田 昌吾
noda●law.osaka-cu.ac.jp (左記の●を@に変えてください)
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
大阪市立大学大学院法学研究科「野田昌吾研究室」内
日本政治学会査読委員会