HOME > 刊行物 > 年報政治学

年報政治学

『年報政治学』2020年度第Ⅰ号特集論文公募のお知らせ

2020年度第Ⅰ号年報委員長 谷口 尚子
査読委員会委員長 近藤 康史

 2020年度第Ⅰ号(2020年6月刊行予定)のテーマは「『対立』をいかに掴むか」です。近年の欧米では、移民や経済格差などの問題から政治や社会が不安定化し、左右の急進勢力の台頭や世論の分断が懸念されています。我が国でも、戦後の左右対立の主題の一つであった憲法改正問題が重みを増しています。研究現場においては、現代政治は右傾化/左傾化しているのか、極端化/収斂化しているのか、国内また国際的にはどう比較すべきか、そもそも「左右軸」で捉えることに意味があるのか、といった多彩な議論があります。本号では、政党・政治家・有権者・各種団体など様々なアクターを対象としながら、左右対立の意味や変化を探求する論文、また左右を超えた新しい政治的対立軸や概念を検討する論文の投稿を歓迎します。

 投稿の締め切りは、2019年10月20日とします。投稿原稿は、学会ホームページ(http://www.jpsa-web.org/publish/nenpo.html)に掲載されている投稿規程に則り、査読委員会の電子メールアドレス宛(submission[at]jpsa-web.org・[at]を@に変更してください。)にご送付ください。

年報の電子アーカイヴ化と一般公開 (2019.1)

 株式会社 岩波書店を発行者とする本会学会誌『日本政治學會年報政治學』(1950年~1952年)および『年報政治学』(1953年~2015年)が,独立行政法人 科学技術振興機構(JST)が運用するJ-STAGEに登載され,一般公開されました。ぜひ研究にご活用下さい。
 なお,この電子アーカイヴ化と一般公開については,株式会社 岩波書店の許可を得て行っております。また,著作権者の承諾を得られた論稿に関してのみの公開となっております。
 本件に関するお問い合わせは,学会事務局(jpsa●rikkyo.ac.jp[メール送付の際に●を@に変えてご使用ください])までお願いいたします。

『年報政治学』論文投稿規程・『年報政治学』の著作権に関する規程・査読委員会規程について

 日本政治学会の機関誌『年報政治学』では、政治学諸分野のすぐれた研究論文を公募しています。投稿論文の掲載の可否は、査読委員会によって決定されます。年報各号の独立論文、特集論文の公募のお知らせは、日本政治学会会報(The JPSA News)に掲載されています。投稿申込書と論文原稿は、以下の規程に則り、査読委員会の電子メールアドレス宛にお送りください。特集論文に応募される場合はその旨を記してください。

 投稿される論文は未発表のものに限ります。なお、規程による分量を超過している論文、当該年度の会費を納入済みでない会員の論文、また「拙稿」の表現や謝辞等によって投稿者・関係者が特定されうる論文は、受理できない場合がありますので、投稿前に必ず論文投稿規程をご確認ください。会員各位からの積極的なご投稿をお待ちしております。

原稿送付先:近藤 康史 submission●jpsa-web.org
[メール送付の際に●を@に変えてご使用ください]