HOME > 分野別研究会 > 地域ガバナンス研究会

地域ガバナンス研究会

分野別研究会の趣旨

 我が国の地域社会における統治過程については、従来からも様々な研究が行われ、実証的にも理論的にも多くの研究蓄積があるが、それらは基本的にガバメント中心の議論であって、近年注目されつつある多様なアクターによる政策過程を前提としたガバナンス論の展開については、一部で取組みが進み始めた段階にある。
本研究会は、こうした新しいガバナンスの視点を持って、地域社会における統治過程の検討を行うことを目的としている。そこでは、従来の地方制度で予定されているガバメントの機能に限定することなく、多様なアクターが参加し、ネットワーク的に機能する新しいガバナンスの解析を目指すこととしたい。具体的には、市民、市民活動組織、各種地域団体、事業者・企業、政治行政の多様なアクターの相互関係を、フィールドを定めて、実証的に分析し、地域ガバナンスのモデルを構築していくこととしたい。

責任者連絡先

責任者 風間規男(同志社大学)nkazama*mail.doshisha.ac.jp
事務担当 新川達郎(同志社大学)tniikawa*mail.doshisha.ac.jp
(*を@に置き換えて下さい)

新規参加の手続き

1 新規参加希望者は、上記連絡先に参加希望の旨をご連絡ください。
2 責任者の承認を経て、研究会の開催に関してご連絡を申し上げます。
3 1か月以内に連絡がない場合には、再度、上記連絡先にご連絡ください。