HOME > 日本政治学会とは > 本学会について

本学会について

本学会について

日本政治学会は、第二次世界大戦後に「従來政治學研究の自由を制約していた政治體制がのぞかれ、永久平和の実現と文化國家の建設とをめざす新しい體制が前進すると共に、學會各分野に於ける全國的諸學會の設立に伍して、新にひろく政治學の研究者の全國的組織を確立しようとする機運」(*)により、1948年11月5日に東京で設立された。初代理事長は南原繁である。以来60有余年にわたり、日本における政治学研究の中心としての役割を果たしてきた。会員数は約1800人である。 *『日本政治學會年報政治學』創刊号より

About Us

Japanese Political Science Association was established in November, 1948, in Tokyo, "in view of the removal of the political regime which had restricted the freedom of political studies, and seeing the advancement of the new regime which aims at the realization of eternal peace and the building of a cultural state". The original purpose of the association was "to consolidate a new national association of political scientists in general, acting in concert with the national associations of other academic fields". The first president was Shigeru Nanbara. Since then, our association has been the center of political studies in Japan. The present membership is around 1,800. *quotations are from the first issue of our periodical.