HOME

日本政治学会若手論文優秀賞受賞作の決定について

理事長 小川 有美
若手論文優秀賞選考委員長 宇野 重規

第2回日本政治学会若手論文優秀賞は次の2論文に授与されることに決まりました。

  • 井関竜也「なぜ国は州政府を憲法裁判所に訴えるのか―選挙戦略としての訴訟提起―」(『年報政治学』2020-Ⅰ号掲載)
  • 末木孝典「明治期議院規則における傍聴規定の成立過程―選挙権なき女性の政治参加を論点として―」(『年報政治学』2020-Ⅰ号掲載)

表彰式は本年の研究大会(第1日、9月26日)にて行われ、受賞者には賞状と副賞が贈られます。

(2020年07月21日)
トップページに戻る