HOME

2018年度研究大会企画公募のお知らせ

2018年度企画委員長 品田 裕

2018年度日本政治学会研究大会は、2018年10月13・14日(調整中、2018年2月に確定の予定です)に関西大学(千里山キャンパス)にて開催されます。企画委員会では、研究大会の企画を募集します。応募の締め切りは、2018年1月10日となっています。多くの会員の皆様のご応募をお待ちします。

報告および企画の採否は、企画委員会が合議によって決定します。開設分科会の総数に上限があること、近年応募数が増加していること、そして企画委員会企画を優先することから、応募者の提案や希望に沿えない場合が出てくる可能性もあります。また、企画委員会の判断で、ご希望のものとは別の分科会やカテゴリーに移っていただく場合もあります。これらの点を、予めご承知おきくださいますようお願いします。応募される場合には、以下、1~3 をお読みになった上で、応募手続きをしてください。

1. 公募するカテゴリーについて
a. 自由論題
 任意のテーマ(ただし政治学に関するもの)で、個人の報告を募集します。企画委員会が複数の報告を組み合わせ、司会・討論者を選定して分科会を設定します。
b. 公募企画
 任意のテーマ(ただし政治学に関するもの)で、司会者・報告者(2, 3名)・討論者(1, 2名)がセットとなった分科会の企画を募集します。
c. 政治学のフロンティア(ポスターセッション)
 任意のテーマ(ただし政治学に関するもの)で、ポスター形式による報告を募集します。

2. 応募にあたっての留意事項
(1) 登壇数の制限について
 会員は、2018年度の研究大会において、司会者・報告者・討論者としてそれぞれ 1回ずつ、合計3回まで登壇可能です(ポスターセッションも報告者として含みます)。ただし、企画委員会が特別に認める場合は、この限りではありません。
(2) 登壇者の会員資格について
 登壇者(司会者・報告者・討論者)は、会員であることを原則とします。非会員の場合、2018年度研究大会までに会員となる必要があります(理事会による承認のため、極力2018年5月末までに入会を申請してください。それ以降の申請の場合、承認が間に合わない可能性があります)。ただし、企画委員会が特に認める場合はこの限りではありません。
(3) 報告概要・報告論文の提出について
 報告者は、報告概要・報告論文の提出が義務づけられます。提出は、本年度より「日本政治学会研究大会 企画・報告申込システム」(後述)を用いて行っていただきます。
(4) 使用言語について
 報告要旨および報告論文は、「日本語または英語」とします。
発表言語は、原則、日本語とします。英語の使用を希望される場合には、企画委員長までお問い合わせください。

3. 応募の手続き
本年度より、「日本政治学会研究大会 企画・報告申込システム」を利用して、応募および報告論旨・報告論文の提出を行っていただきます。応募期限は2018年1月10日です。

同システムには、以下のリンクからお進み下さい。利用には、会員番号(非会員の場合、ログインID)・パスワードが必要です。ログイン後、申込者情報(氏名・メールアドレス・会員種別・所属・電話番号・連絡先住所)をご登録の上、メニューに従い、「自由論題・政治学のフロンティア(ポスターセッション)応募」または「公募企画・各委員会企画の応募」の何れか一つを選んで下さい。

◆自由論題・政治学のフロンティア(ポスターセッション)の応募に際しては、最初の画面で、
a. 発表形式(自由論題または政治学のフロンティア(ポスターセッション)の何れか一つを選択してください)
b. 報告の分野(選択してください)
c. 報告タイトル
d. 報告概要(全角600字程度)
次の画面で
e. 報告者氏名・フリガナ・所属
の各項目をご入力ください。
◆公募企画の応募に際しては、最初の画面で、
a. 企画の種類(公募企画を選択してください)
b. 企画タイトル
c. 企画の分野(選択してください)
d. 企画趣旨と各報告概要(併せて全角1,000字程度)
次の画面で
e. 氏名・フリガナ・所属(司会者、報告者、討論者などの全員、報告者にあっては報告タイトル)
の各項目をご入力ください。

日本政治学会研究大会 企画・報告申込システム
https://iap-jp.org/jpsa/conf/member/login
日本政治学会研究大会 企画・報告申込システム

企画・報告申込システムは本年度からの運用となることをご理解いただけますと幸いです。不備等ございましたら、今後の改善の参考のためにもご意見いただけますと幸いです。

お問い合わせは以下にお願いいたします。
2018年度企画委員長 品田裕 shinada●kobe-u.ac.jp(●を @ に変えてください)

(2017年11月17日)
トップページに戻る