HOME

国際シンポジウムのお知らせ

第7回ヘボン=渋沢記念講座シンポジウム「比較の中の日米政治」

2014年8月1日 (金)15:15-17:15(14:45開場)
東京大学法学 部3号館 8F 会議室(本郷キャンパス)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_03_j.html

パネリスト:
マイケル・A・ベイリー ジョージタウン大学教授
「人々は何をめぐって争うのか----米国政治におけるイデオロギーの変化と分極化」
田中愛治 早稲田大学教授
「無党派層の役割の変化----米国との比較の視点から」
川人貞史 東京大学教授
「日米の比例代表制」
司会/コメン テーター:久保文明 東京大学教授
*同時通訳有り
主 催:東京大学大学院法学政治学研究科
協力:公益財 団法人渋沢栄一記念財団
参加申込み:お名前・ご所属・メールアドレスを明記の上、
E-mail: lhikakuj.u-tokyo.ac.jp(担当:ICCLP 和田)までご連絡ください。(を@と入れ替えてください)

************
The 7th Hepburn=Shibusawa Memorial Symposium
'The Politics of Japan and the United States in a Comparative Perspective'
15:15-17:15 Friday 1 August 2014 (Open 14:45)
Conference Room, 8F, Law Building No.3, the University of Tokyo (Hongo Campus)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_03_j.html

Panelists:
Michael A. Bailey, Professor, Georgetown University
'Deciding What to Fight About: The Evolution of Ideology and Polarization in U.S. Politics'
Aiji Tanaka, Professor, Waseda University
'The Changing Role of Independent Voters in Japan: From a Comparative Perspective with the United States'
Sadafumi Kawato, Professor, the University of Tokyo
'Proportional Representation in Japan and the United States'
Chair/Commentator: Fumiaki Kubo, Professor, the University of Tokyo

(* Simultaneous interpretations provided)
Sponsored by Graduate Schools for Law and Politics, the University of Tokyo
Supported by Shibusawa Eiichi Memorial Foundation

Registration required: send email to: lhikakuj-u-tokyo.ac.jp with:
a) Name; b) Institution; and c) E-mail address. (put @ at )

(2014年07月02日)
トップページに戻る